2012年06月15日

魁!太尊塾


概要:
あなたの500円が地球を変える!

⇒ 魁!太尊塾

紹介文:
尉川太尊のブログ「THE LIFE」では、日刊で記事を配信しています。
このブログでは、NLP・心理学・歴史・社会情勢のトピックを絡めつつ、
混迷を深めるこの地球や社会への羅針盤として
読者の方々に有益な情報をご提供しています。

しかし、ブログは、不特定多数に対する情報発信なので
どうしても、内容をぼかして書かなければならないこともしばしばです。

そこで、敢えて有料メルマガ配信に踏み切りました。
私にとってもチャレンジングな有料配信メルマガですが
今できることは全部やる!との想いで踏み切りました。

あなたには毎月500円をご負担いただくだけです。
その500円のうちの一部を、私がこの地球や人類のために
もっとも必要だと思えることに投資します。

発行頻度は、表向き月1回としていますが
実際は、週1回くらいで考えています。

このメルマガは、あなたの抽象度を高め、
あなたに事実の裏側を見せ、
あなたに深い沈思と行動を促すことになるでしょう。

あなたがお支払い下さる500円は
あなたの分身となって私に力を与えてくれます。

ぜひ、この太尊塾にご入塾いただきまして
新しい未来を一緒に創っていきましょう。


尉川太尊

***************************
創刊日 2009/10/23
配信 月刊 1回
月額 500円(税込)
ジャンル ニュース・情報
メルマガID 000445
発行者名 尉川太尊
***************************

⇒ 魁!太尊塾

---------------------------------------------
⇒ トップページへ
⇒ レジまぐ(新規会員登録方法) はコチラ
⇒ 目次(サイトマップ 1)
⇒ 目次(サイトマップ集)
---------------------------------------------

ブログランキング・にほんブログ村へ

.[ メルマガ(サンプル) ]

魁!太尊塾!(メルマガサンプル号)
尉川太尊の有料メールマガジン
---------------------------------------------------------------
墨家の思想:非攻撃
---------------------------------------------------------------

その昔、中国戦国時代に墨子という人物がいた。

小説、漫画、映画でも話題になった「墨攻」は、
墨子の組織した教団である墨家集団がモチーフである。

ボクも浅学なので、墨家について学問的知識を身につけているわけではないけれども、彼らの思想にとても共鳴するものがある。


その中でも、「非攻」、「兼愛」という墨子の理論にとても興味を覚えるとともに、現代ほど、この「非攻」、「兼愛」という考え方が必要な時代はないのではないかと感じている。


全世界のどこかで戦争が起きている現代は、
見方を転じれば世界レベルの戦国時代ともいえるわけで、
このような時代の中で、「非攻」を貫くというのはなかなか出来るものではない。

日本は、憲法9条があるので「非攻ではないか」と思われるかも知れないが、
国連や米国へ流れたお金でもって、米国が戦争をしている状況を鑑みれば、
純粋に「非攻」とは言えないところもあるだろう。


たとえば、凶作が続いて飢饉に見舞われ、手元に残るのは種籾だけだったとする。
この種籾を「はい、みなさん早い者勝ちであげるよ」といえば、
たくさんの人が我先にと先を争って種籾を奪おうとするだろう。

そうなると、相手に危害を加えてでも種籾を得ようとするに違いない。


現代の戦争の根本は、こうしたエゴレベルに基づくものが多いかなと感じる。


対して、「種籾があるけど、これはみんなのものだ。」
といえば、その中からいくばくか食べる量の種籾を取り分けて、
稲にする分の種籾を残し、それを育て収穫する気持ちの余裕が出てくるかも知れない。

競争の原理にフォーカスした時に、人間はいともたやすく奪い取ろうとするし、
それが資源だという認識に変わった時に、智慧が生まれてくる。



そう考えると、「非攻」を実現しようとすれば、この地球のすべての資源や富は、地球人類全体のものであるというメタな認識が必要になり、そのような想いを共有できたものが、はじめて「非攻」というメタな視点に立つことができるようになるに違いない。


ただし、人類全体が、そのようなメタな視点に至る過渡期においては、混乱も生じるであろうことは想像するにかたくない。墨子の時代など、まさに戦国時代のまっただ中で、そうだからこそ、「攻撃はしないが、攻撃に対しては硬く守る」という意味の「墨守」という言葉が生まれることになった。


墨子の思想に共鳴してくれた王に対しては、墨家が責任を持って外敵から守ってやる。その実力の裏打ちがあったればこそ、戦国の世にあっても、彼らの思想が次第に広がることになっていったに違いない。


まとめると、今、現代に、この墨子の「非攻」という考えを実現させるためには、「人類に対する博愛」が必要不可欠で、墨子はそれを「兼愛」という概念で括った。ここにおいて、吉田松陰先生が伝えられた知行合一という概念に繋げ、「知ることと行うこととは同じである」と、このブログの読者が納得していただくことがとても重要だと感じている。


その上で、それぞれの所属する現場から、「自分」というアイデンティティの概念を広げ、地球や人類に対する博愛の精神に至った時に、はじめてエゴという枠組みを超え、「非攻」という人類史上いまだ達成したことがない領域にボク達は到達できるのではないかと考えている。


もちろん、その過程にあっては、混乱も生じるだろう。そこは、「墨守」という精神でもって、こうした思想をひたすらに浸透せしめていくしかないと考えている。


墨子の語った「非攻」とは、夢物語ではなく、全世界戦国時代といっても良い現代だからこそ、極めて現実的に考えることができる未曾有の機会といえるのだと個人的には感じている。


---------------------------------------------------------------
◆最近の社会情勢
---------------------------------------------------------------
どうも民主党政権は1年ももたないかも知れないとの情報がある。
民主党がもし倒れたとしたら、次に来るのは右翼政権かも知れない。
小泉純一郎、石原慎太郎などが「小泉新党」の動きを始めたら要注意だ。

米国では、911に次ぐ新しい大型イベントを企画しているようだ。
それは、もしかしたらNASAも絡んだ天文ショーの可能性もある。

ある程度、はっきりしたらまたお知らせしよう。

------------------------------------------------------------
魁!太尊塾
文責:尉川太尊

⇒ 魁!太尊塾


---------------------------------------------
⇒ トップページへ
⇒ レジまぐ(新規会員登録方法) はコチラ
⇒ 目次(サイトマップ 1)
⇒ 目次(サイトマップ集)
---------------------------------------------

ブログランキング・にほんブログ村へ

.


ラベル:地球 月刊
posted by 30nomoney at 00:00| Comment(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。