2013年09月03日

最強競馬スリーアローズ 携帯版

《 無料メールマガジン登録フォーム 》
banner30.jpg
※ポイントを溜めて、プレゼント情報をGET!


3本の矢如く推奨馬3頭で最強馬連ボックスを形成し儲けを出す!

----------------------
創刊日 2012/03/01
配信 月刊 4回
月額 3,500円(税込)
発行者名 ミスターエックス
----------------------

⇒ 最強競馬スリーアローズ 携帯版


《 紹介文 》

「競馬に絶対はない。」

投資に向かないのではないかと思うでしょうが、買い方一つで投資になるのが競馬。

投資の基本は「いかにリスクを減らして利益を得るか。」

そして、競馬は分析すればするほど結果がついてくるもの。

膨大な分析量で馬連を3頭ボックスで的中させる。

競馬を好きなあなたも競馬を知らないあなたも、全く今までにない切り口から競馬を堪能してみてください。


⇒ 最強競馬スリーアローズ 携帯版




《 サンプル 》

ダービー最終見解です。

◎キズナ

キャリア(4−0−1−1)

3着1回、着外1回は共に内回りコース。

直線で前が詰まって不完全燃焼のレース。

外回りコース4戦は、全て上がり最速圧勝。

特に前走京都新聞杯は圧巻の末脚を披露した。

京都新聞杯は開催3週目に行われるので芝状態が絶好で圧倒的に「先行馬有利」のレース。

ましてや、京都競馬場は直線平坦コース。

末脚一発が決まらないのが京都新聞杯のレース質。

過去10年で上り最速馬の成績は

(1−4−1−4)

1頭しか勝ちきれていない。

勝ち馬10頭中9頭が4角9番手以内。

内6頭が4角5番手以内。

この先行馬有利というレース質で4角13番手と致命的な位置から圧勝したキズナ。

まさに「閃光の鬼脚」と表現できる。

京都新聞杯過去10年で4角10番手以下から勝ちきったのは、

ハーツクライ1頭のみ。

そしてダービーに駒を進めキングカメハメハの2着になりダービーでもしっかり通用している。


キングカメハメハはキャリア6戦全て上り3位以内(上り最速4回)。

相手が悪かったとしか言いようがない。

通常であれば京都外回り2200mで圧倒的末脚で勝ちきった馬は

大箱府中コースでも直結して能力全開が期待できる。

勝ちきれる能力がある。

「ディープ×ND」で特注血統に該当。

また、今年のダービー要注意血統であるディープインパクト産駒。

オークスでは2〜4着を独占。

前走皐月賞組が滅法強いダービーだが、

今年の皐月賞はレコード決着。

高速タイムでの皐月賞はダービーには繋がらないことを歴史が証明している。

毎日杯勝利で皐月賞出走可能だったが、

あえてダービー1本に絞った調整方法が今回に限っては大きなアドバンテージ。

3月産まれでダービーの勝ち馬条件にも合致。

鞍上はダービー4勝の武豊。

天才ジョッキーをもってしてもダービージョッキーになるには12年かかった偉大なる栄冠。

人気を分けるロゴタイプには若干4年目J。

ここはキングオブ競馬の武豊の維持もある。若いJに負けるわけにはいかない。

乗り替わりなら尚更。

過去15年間を振り返っても乗り替わりでダービーを制した騎手はいない。

(0−6−4−78)

ダービーは「人馬一体」でないと勝ちきれない偉大なるレースなのだ。

馬主、調教師、厩舎など全てのホースマンの夢であるダービー制覇。

そのプレッシャーや独特な雰囲気が特別の1戦を作り上げる。

ちょっとした判断ミスが致命的ミスとなるダービーにとって経験豊富なベテラン騎手が大きなアドバンテージとなる。

馬主は名門ノースヒルズ大物馬主前田晋二氏。

前田晋二氏はノースヒルズ代表前田幸治氏の弟。

これまでノースヒルズからは4頭の芝G1馬が出ているが、

詳しく見てみると、

アーネストリー
宝塚記念1枠2番1着

ヘヴンリーロマンス
秋天1枠1番1着

ビートブラック
春天1枠1番1着

ノーリーズン
皐月賞1枠2番1着

全馬内枠絶好枠を貰っての勝利。

ちなみにダート王トランセンドも

初G1勝利となったジャパンCダートでも2枠3番。

そして今回のキズナも政治力を遺憾なく発揮して

1枠1番を貰っている(ダービーの枠順は非公開抽選)。

「ダービー馬のオーナーになるのは、一国の宰相になるよりも難しい」

有名な格言であるが、

2000年代のダービー馬の優勝馬主を見てみると

【12年】
ディープブリランテ
サンデーR

【11年】
オルフェーヴル
サンデーR

【10年】
エイシンフラッシュ
平井豊光

【09年】
ロジユニヴァース
久米田正明

【08年】
ディープスカイ
深見敏男

【07年】
ウオッカ
谷水雄三

【06年】
メイショウサムソン
松本好雄

【05年】
ディープインパクト
金子真人HD

【04年】
キングカメハメハ
金子真人

【03年】
ネオユニヴァース
社台RH

【02年】
タニノギムレット
谷水雄三

【01年】
ジャングルポケット
斉藤四方司

【00年】
アグネスフライト
渡辺孝男

ダービーは特別な勲章、最も勝つ可能性が高いのは「大物馬主所有」。

ここはなんとしても欲しいダービーの栄冠。

人馬一体で今年のダービーはキズナの鬼脚が炸裂する。

非社台馬だがディープインパクト産駒なのでキズナが勝てば

ディープインパクトの価値が上がるので社台はマイナスではない。

ディープインパクトは社台スタリオンステーション所有種牡馬。

ちなみにロゴタイプの父ローエングリンはレックススタッド所有種牡馬。

社台とは半持ちである。


⇒ 最強競馬スリーアローズ 携帯版


posted by 30nomoney at 20:22| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。